制度・環境・文化

制度・環境・文化Culture

◆ 社内研修と教育制度 ◆

◆ 社内研修と教育制度 ◆

入社後は1週間の新入社員研修があります。会社の理念や目的をしっかり共有し、訪問鍼灸や訪問看護に携わる者としての基礎を学んでいきます。実際の訪問看護の業務は先輩スタッフに同行してスタート。出雲市内の患者さん宅へ訪問し、どのようなケアを行っているかを現場で覚えます。後半の同行では訪問看護のケアを先輩にチェックしてもらい、しっかり自信をつけてから一人での訪問看護がスタートします。

訪問鍼灸部門、訪問看護部門ではそれぞれのミーティングでケア内容の振り返りやフィードバックを行っています。訪問看護は一人ではなくチーム制。それにより一人で訪問看護の悩みを抱えなくて済むことや、複数の訪問看護スタッフが一人の患者さまを診ることで、さまざまな視点からより良いケアを考え、実行できます。自分のケアについて気づいたり振り返ったりする場が普段から持てる仕組みになっています。

~職場の雰囲気~
「覇気」「素直」「最高」「行動」「清潔」――
これは、働く軸の5原則として「この5つが備わっていなければ訪問治療院・訪問看護などの訪問事業は続かない」と社長が心に留め、実践していることです。なかでも「覇気」については、社外の人からも「ずいぶんと風通しの良い会社だね」「訪問看護のイメージが変わった」と言われるほど職場の雰囲気に表れています。朝礼やミーティングでの活発な意見交換からもそれを感じ取ることができます。
新入社員研修は社長自らが行い、特に訪問看護事業においては「医療人である前によき社会人であれ」と、ビジネスマナーから直々に指導しています。

~スタッフの特徴と働き方~
鍼灸師やあんまマッサージ師は新卒の若手スタッフが、訪問看護スタッフは病棟の経験がある看護師、作業療法士、言語聴覚士が在籍しています。また出雲だけでなく県外からの移住者も受け入れています。主には30代~40代のスタッフが活躍しており、その半分以上が「働くお母さん」です。今までに結婚や出産を機に退職した人は0人。産休育休の復帰後は、保育園のお迎え時間に合わせるなど時短シフトで調整、もちろん残業はほとんど無く、事務処理や日報入力などはすべてWEB上で行うので直行直帰も可能。「サービスは内側から」という気持ちで、スタッフが育児と両立できる職場環境を整えています。
◆ これから働く方へ ◆

◆ これから働く方へ ◆

訪問看護は、基本的に一人で訪問して行う仕事で、高いコミュニケーション力も必要となってきます。そのため普段から会話力を磨くためにも、訪問看護スタッフが事務所から訪問先へ出かける時は「いってらっしゃい!」「いってきます!」帰ってきたら「ただいま戻りました!」「おかえりなさい!」と声をかけ合うようにしています。些細なことかもしれませんが、挨拶を介すことで自然とその日の訪問内容を共有できる雰囲気にもなります。訪問看護の患者さまから感謝された時はスタッフみんなで喜び、また訪問看護についての困り事や悩みがあった時は他人事にせず、一緒に解決することができます。そんな温かいチーム感を、私たちはずっと大事にしています。入社するあなたと共に成長を称え合うことができればいいなと思います。

jobs募集一覧

募集一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加